現代人の運動離れと日本におけるトレーニング

トレーニングと健康の関係

健康の維持促進に有効な手段とされているものの一つであるトレーニングですが、なぜトレーニングが健康にプラスに働くのかと言うと、新陳代謝の活発化と肉体活性による身体機能の向上で運動能力及び一部内臓機能の底上げが計れるなど、筋肉と内臓の両面に良好な影響が出ることがその理由であり、副次的な効果として体を動かすことによるストレスの発散、トレーニングを達成することによる達成感なども挙げられます。

なお、トレーニングの主たる効能である新陳代謝の向上や肉体の活性が健康にプラスとして捉えられる最大の要因は、加齢と運動不足による新陳代謝並びに肉体機能の低下を抑制する事ができる点に尽き、特に加齢による身体機能や内臓機能の全般的な低下に対して、運動に耐え得る体であれば、薬剤のような副作用のリスクを伴う対策とは違い、運動時の怪我程度の低リスクで一定の効果が見込めることがトレーニングの強みです。

なぜ健康の為にトレーニングが必要なのか

トレーニングを行うと血行が良くなり体内の老廃物の代謝が進むなど新陳代謝が高まり、運動機能の上昇や筋肉の発達、肺機能・心臓機能の活発化が見込まれ、身体機能・内臓機能ともに向上することから、加齢に伴う身体機能及び内臓機能と運動機能の低下に対する有効かつローリスクな対策であると共に、知識と工夫次第で経済状況に関係なく行える対策であることから、先進国では世界的に推奨されている他、高齢化社会である日本でも医療費削減を狙って公的機関や医療機関によって広く推奨されているわけです。

公的機関や医療機関が先導して推奨していることを鑑みれば、トレーニングによる新陳代謝の促進と肉体の活性化に一定の健康効果が見込まれていることが窺え、科学・医学的根拠の裏づけを持ってある程度は効果が証明されていることの証左と捉えることもできます。


この記事をシェアする

ツイート
いいね
B!はてブ